エコレ城南島についてのお問合せ先
S.P.E.C.株式会社

工場概要・運営会社

基本理念・事業経営方針

基本理念

当社は、地球環境問題を経営の最重要課題の一つとして共通認識し、事業活動における環境負荷の軽減に努め、環境に配慮した企業活動を行うことを基本理念とする。

環境方針

当社は、汚染土壌・廃棄物の処理事業を通じ、汚染土壌・廃棄物のリサイクル技術の向上を目指し、基本理念である地球環境問題解決のために、次の施策を実施致します。

  • 1.当社の事業活動、製品・サービスに関わる環境側面を常に認識し、汚染の予防に努めると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 2.環境に関わる法規制や、当社が受入れた利害関係者からの要求事項を遵守すると共に、環境保全の継続的改善を図る。
  • 3.当社が行う事業活動、製品・サービスが環境に与える影響の中で、以下の項目について重点テーマ(目的・目標)として改善活動を推進する。

  • ① 受入れた汚染土壌・廃棄物のリサイクル率向上を目指し天然資源の枯渇の抑制に貢献する。
  • ② 各種設備、車両等に使用する燃料や電気エネルギーの削減を図り、地球温暖化と化石燃料資源の枯渇の抑制に努める。
  • ③ 工場内環境保全の質的向上を図り、汚染の予防と環境の向上に努める。
  • ④ 汚染土壌処理技術及び廃棄物処理技術の実質的向上に努める。
  • ⑤ 各種業務効率の改善により省資源・省エネを図る。

環境マネジメントシステムの適用範囲

  • 対象組織:全社及びシグマジオテック株式会社
  • 所在地:東京都大田区城南島三丁目2番8号

事業経営方針

廃棄物の適正処理に対する関心の高まりを背景に、国では廃棄物の減量・リサイクルの推進等を重要課題の一つとしている。特に、環境基本法(平成6年制定)では「循環を基調とする経済社会システム」や「地球環境保全」を目標とした基本方針が示された。その後、廃棄物処理問題を全般に捉えた法案として「循環型社会形成推進基本法」が平成12年制定、同時に個別物品に対するリサイクル法(容器包装リサイクル法、建設リサイクル法、家電リサイクル法、食品リサイクル法、自動車リサイクル法)も制定された。
また、環境負荷の低減に資する物品・役務について、国等の公的部門における調達の推進や情報提供等を図る目的で、「国等による環境物品等の調達に関する法律」(通称”グリーン購入法”)が制定されている。
一方、日本全体で排出される一般廃棄物は年間約5,000万トン、産業廃棄物は年間約4億トンで推移しており横ばいの傾向が続いている。一般廃棄物については、地方自治体が定める処理計画に沿って処理がおこなわれる中で、焼却処理以外の中間処理施設及び再生事業者への搬入が増加しているが、依然約680万トンもの量が最終処分されている。
また、産業廃棄物については、建設業界から排出される廃棄物が約7,700万トンであり、全産業廃棄物の排出量の約2割を占めている。不法投棄量においても、重量ベースで約8割を占めている。
こうした背景により、逼迫する最終処分場の問題や後を絶たない不法投棄等の問題を解決し循環型社会を形成するうえで、廃棄物のリサイクル対策は重要な役割を担っている。

 

当社は、製造工場、建設現場、廃棄物中間処理施設などから排出される廃棄物を適正にリサイクルするために全国各地に処理のネットワークを広げており、本事業では各ユーザーのさらなるリサイクル推進の要請に応えるべく、可能な限り最終処分量の減量化を目指したリサイクルセンターを構築するものである。
東京都スーパーエコタウン事業の趣旨にマッチしたリサイクルを推進すると共に、継続的に常に高いレベルでの環境保全活動に取り組むことを事業経営方針とする。

工場概要

名称 エコレ城南島
住所 〒143-0002 東京都大田区城南島3丁目2番8
敷地面積 8,947.17㎡
建物面積 4,040.34㎡
延べ床面積 5,432.22㎡
業務内容 産業廃棄物処理事業、汚染土壌処理事業
取得許可等 産業廃棄物処分業   第13-20-195219号
産業廃棄物収集運搬業 第13-00-195219号
汚染土壌処理業    第0131001004号
JIS Q 14001:2015(ISO 14001:2015)

運営会社

会社名 S.P.E.C.株式会社(スペック)
代表者 深江 伯史(ふかえ のりちか)
住所 〒143-0002 東京都大田区城南島3丁目2番8
TEL 03-5755-9884
FAX 03-5755-9132
URL http://www.ecore.tokyo
資本金 5億円
出資会社 シグマテック株式会社
株式会社サン・ビック
麻生商事株式会社

工場の位置図